レーザーポインター建築用

以下2015年にレーザーポインターの質問:

大阪市内で強力レーザーポインター売っているとこ教えてください

みんなの回答:

日本国内ではただ1mwレーザーポインターの販売を許可されています。1mw以上と最超強力レーザーポインターの販売が禁

止されましたので、海外通販サイトで強力レーザーポインターが購入しかできないです。

以下2015年最新 高距離レーザーポインター鍵付き3000mw:

【技術特徴について】
フック穴があるので、ストラップなどを通すことができ、首から下げておけ ば大変便利です。
クリップ付きの小型サイズです。胸ポケットに入れるなど手軽に持ち運ぶこ とができます。
このグリーンレーザーポインターは厳格な品質基準をクリアし世界各国に輸出されている最高品質水準の製品 ...
低消費電力設計で、発熱力を減らすこと。
通常強光懐中電灯として利用可能、連続点灯が長い、バッテリーが尽くすまで付けられ、高出力、高安定性、タバコなどの点燃が可能です。

成功するプレゼンの強い味方です。出力安定性と耐寒冷がパワーアップ!

電源スイッチとリモートコネクタスイッチの二重安全設計で採用され、3000mwレーザーは、レーザー事業者に最高水準のセキュリティを提供しま  す 。それは許可なしに虐待されたり操作することはできない。

最も高度な内部熱安定化の設計を利用して、ハイパワー3000mw赤外レー ザーは連続運転で高い安定性と信頼性を実現しました。3000mwのレーザ ーダイオードは、完璧な冷却設計で最高の状態を維持します。

3000mwレーザーは人間の目に見えない光を出射する成熟レーザーダイオード技術利用しています。これは工業用および科学アプリケーションのために適用できる特殊なレーザーである。ハイパワーポータブルレーザーで少なくとも3000メートルの広い範囲で非常に強烈な緑色ビームを発する。それは工業照明、アライメント、医療とラボ実験などに大きな貢献をしています。

以下2015年最新緑色レーザーポインターの評価:

評価1:明るさは十分。緑色光は赤色光より強大な8倍以上

評価2:建設業の為、昼間に野外で使用するのですが、なかなか見えやすいです!

評価3:カラス、蜂、熊撃退できる。

評価4: 使用例 ・自然、文化遺産での観光案内時に、接触してはいけない箇所の説明 ・遠方、高所での危険箇所の説明等

評価5: 昼間の陽が当たった場所でも問題なし 暗い場所だと明るすぎる 光量の調整があればなお良し

評価6:光量は十分です。グリーンレーザーのポインターは初めて使用しましたが、明るくて良いですね。

評価7: 小型で、しっかりと照らしてくれる。
安心してプレゼンができます。
デザインも品があって気に入ってます。

評価8: このたびはありがとうございます。 昔からあこがれたSFの夢が現実に叶いました。 いい買い物をしたと思います。夜空に映える一本のグリーンレーザー光線、注目の的です! とにかく出力の凄さには驚いています!

評価9: 緑の光は見やすくてよいです。

評価10: 満足です。
すごいですね、これ。
きれいな緑のレーザーで、かなり遠くまではっきりと点を表示させてくれます。
当たり前な事ですが、
環境が明るい時と暗い時では見え方、というか光の強さの違いを感じました。
お昼の外だとあまり目立たないかな?
ただ室内だと最強で敵はないかと。
仕事目的で購入しましたが、
飼い猫の遊び道具としても活躍してくれてます(笑)

レーザーソード デュアルグリーンレーザー射出 532nmの緑色光レーザー剣 50mw

関連の質問:

将来的にレーザー銃や、レーザーソード、目に見えないシールド、ステルス迷彩、又は昔でいう槍や剣、そして現代の銃に変わる新しい武器はでてきますかね?
それともでてきてたりしますか?
SF

的な質問になりますがよろしくお願いします

みんなの回答:

レーザー兵器に近いものはもうあります。
一点に膨大なエネルギーを当てて穴を開けたり切ったりするものです。

ステルス迷彩は先の方の言うとおりです。コレも有機ELの開発が進めば、車両単位ぐらいまでは量産されると思います。

みんなの回答:

レーザー兵器は地球上では効果がないので宇宙空間での戦闘が盛んになったら実用化されるでしょうね。
レールガンは現在の技術では膨大な電力を必要としますから兵器として実用化は小型化と電力消費率の低下等課題が山積しておりまだまだ先になりますね。
剣や槍と言うよりも斧なら使われるかもしれませんよ。レーザー兵器が発達すると防御手段としてレーザーを反射する素材が出来れば効果がありませんし火薬式の銃器にしても重重力環境下では命中しません。そこで白兵戦闘では斧が使われる可能性があります。地球上で戦争している分には軍隊の制式装備として使われる事はないでしょうけどね。

みんなの回答:

ステルス迷彩に関しては15年くらい前に試作型がTVで公開されていたので下手したら既に実戦投入されている可能性があります。
レーザー砲に関しては数年前にボーイングの大型旅客機を改造して機種にレーザー砲を取り付けたものが作られてます(弾道ミサイル迎撃兵器です)

みんなの回答:

コイルガンやレールガンの原理を利用して速度500m毎秒ほどまでの銃弾(鉄意外のものも含む)を止める装置が開発済みです。
これは見えないシールドにもなりうるものだと思います。
ステルスについても全身に液晶パネルスーツを着て後ろの風景と同化する実験が進んでます。
レーザーはまだ実用できませんが分厚い防弾ガラスも溶かしきるレーザーができました。
これは実用に時間がかかりますができてくると思います。
銃は使用する原理などが変わって格段に性能が上がると思いますが、銃が主力ではあることは変わらないと思います。

みんなの回答:

まるでガンダムみたいな話ですね
あえて言うなら
レーザー銃はビームライフル
レーザーソードはビームサーベル
見えないシールドはビームシールド
ですね。
数年前にビームライフルの装置は完成していますから
あとはその装置をどこまでコンパクトにできるかまできています。
ビームサーベルは装置が巨大すぎてガンダム(全長18m)
が使えるぐらいの大きさまでが限界といわれています。

http://fukuoka.mypl.net/community/000000009415/

http://laserscience.exteen.com/20150702/entry

Comment Stream