元手を掛けず事業を保有する方法

ビジネス保有マニュアル

従来、『起業』と言えば勤め先を退職しサラリーマンの勤務時間並の拘束時間を犠牲にして、自分の事業を立ち上げる事を指していました。

その為、起業に失敗した方はその多くが人生における致命傷を負い、復帰する事に多大な労力を費やす破目に陥っています。

勿論、敗者復活戦の機会すら与えられなかった方も多く存在します。

リスクヘッジと云う言葉が外来語で無くなった現在においても、

「起業は一世一代の大博打」

「この事業に全てを賭ける!」

と発言される方は起業を志す方に非常に多いです。
私は、このスタンスは間違いであると考えています。
何故なら、誰にとっても所詮起業は博打に過ぎないからです。
(大企業ですら新規ジャンル参入時に予測を大外しして致命傷を負う事があります。)
『起業』は軌道に乗って『事業』に変わるまでは博打に過ぎません。
そして、博打に大金や長い時間を費やすのはあまりにも馬鹿げています。


まず、この企画で貴方が獲得する事が出来るのは、

・貴方の境遇・適性にマッチした事業
・元手を掛けずに立ち上げる事業

・維持費を最小限まで絞った事業

の3点です。


タイトルにもありますように、今回貴方に提供するのは

「携わるのではなく、保有する形のビジネス」、です。

アフィリエイトや情報商材作成のマニュアルではありません。

(無論、その二つについての質問や相談があれば充分な回答が可能ですので、気兼ねなくお声掛け下さい。)

「貴方が貴方の負担のない形で御自分のビジネスを保有する」

この地点まで持っていくのが、このサービスの目的です。

他のサービスの様に

「1日1時間の作業で簡単に年収1億円!」

「たった数ヶ月で貴方もヒルズ族に!」

と云った煽りをする気もありません。

楽に1億円を稼ぐ事よりも、毎月10万円の追加収入構造を作る作業の方が、

結果として貴方の近道である事が明白だからです。

「この方法で誰でも大儲け!」

と云うアプローチは選びません。

あくまで、貴方の属性を慎重に検討して、貴方にとって最も負担のない形の事業を提供する事がこの企画の趣旨です。

【保有型ビジネスの趣旨について】


事業を起こしたから/したいからと言って、事業に生活時間の大抵を拘束されるのは間違っています。
作家が過去の作品の印税を受け取るのに一切の労力を費やさないように、貴方も事業から収益を上げる為に不要な労力を費やすべきではありません。
事業は時間を費やすものではなく、資産の一種として『保有』するものなのです。
もしも、事業に金も時間も奪われるのなら、その事業は負債以外の何物ではないではありませんか。

結論を先に述べておくと、維持費の掛からないビジネスの保有は誰にでも可能です。
貴方が今、自分のビジネスを保有していないのは貴方が劣っているからではなく、たまたま今までは縁がなかっただけに過ぎません。
労力を他人(勤め先や雇い主)を経由せずに直接換金する方法をこのサービスで解説し提供します。
これだけは確実ですが、会社勤めをするよりも、自分のビジネスを保有する方が簡単です。
他人の作ったルールに則るほど困難な事がないからです。

今から、貴方が事業を保有する為の方法に関しての説明を開始します。

まずは少し長いマニュアルを提供します。
マニュアルを消化できるか否かを不安に感じる方もおられるかも知れませんが、その点については御安心下さい。

貴方は、マニュアルに従ってチェックリストを埋めて下さるだけで結構ですので。
一方的に貴方が聞き手に回って終わるのではなく、貴方が現状や所感を発信する事から貴方の「事業」が始まるのですから。

Comment Stream