alvysinger "LOVE" now on sale

・digital download    
http://alvysingers.bandcamp.com/album/love
・SHOP  
DISQUES BLUE-VERY 
http://disques-blue-very.cdx.jp/web.html

liner notes by Takehiro Uemura
(ex Time Capsules,alvysinger)

La Gazzetta dello Uemura
match review
alvy singer 'LOVE'

昨年のAFC選手権 京都ネオアコサミット2011に出場していたAlvy singer。緊張の中、ぬかるんだピッチに足をとられながらも、ベテランDF陣のサポート もあり、国内Aマッチ初キャップを刻んだ。カバー有り、オリジナル有り、カズーを披露してライブを成功させただけに、今秋発 表のアルバムが楽しみであった。

今回、私の元へ届けられたアルバムは「LOVE」。実際に現地で試合に参加したわけではなく、も ともと定評があるメロディーについては、具体的なコメントは控えるが、「非常に情熱的である」という印象を受けた。ユース時代から才能の片鱗 は見せつつも、プレーに安定感を欠くことがあったが、技術的・戦術的にブラッシュアップされ、あの頃の憧憬がようやく陽の目を見たのだと思 う。

さて、次回作への期待をこめて、以下にメンバーと採 点を記していくので、気を悪くしないで読んでいただきたい。(点数は私の好み具合です)

No.1 FW  Theme for love :8.0
 新人。新人ではあるが既に完成されており、キャッ チー度はメンバー中、群を抜いている。全方位対応ポストプレーヤー。歌詞とメロのリズムを丁寧にはめていったのがポイント。また、キーボード アレンジが非常によかった。バスドラがまったく聞こえないのとベースラインに工夫の余地があるように見えるが戦術的な理由か。

No.2 AMF LOVE:9.0
 いわずと知れた伝説のベテランストライカー。若か りし日とはプレースタイルが変わっているが、ゴールを奪うという役割は相変わらず、2曲目に配置。特にAメロのコードとベースが最高。問題のラストもうまくまとめていた。

No.3 LMF Night Music Knight:7.0
 スピードスター。2分38秒スプリントをし続け、左サイドで脅威となっていた。新人だが、ベースラインが良く、完 成されている。完成された新人に共通していることだが、バスドラが小さいためベースが浮いた印象。

No.4 RMF a road mirage:8.5
 中堅だが、未完の大器を思わせる躍動感が魅力。 シャッフルさせたため演奏が大変だったと思われるが、この曲の最大のセールスポイントはリズム。縦を果敢に突破するNo.3とギャップがあり、アルバム内でのバランスよい配 置も○。キーボードは別のアプローチも考えられるかもしれない。

No.5 DMF Get Over:8.0
 ミックスが非常に良く、同時発音数や音色のバラン スのとれた、まさにボランチ。この曲をネタにあと数曲ぐらいつくれそうな素材の宝庫。

No.6 LDF other-side of the Paradise:7.0
 これまた、サイドバック系アレンジ3分ポップス。 イントロのカッティングをずらすアイディア、歌詞の繰り返しが非常に良い。Aメロやカズーにパンチがあるだけに、Bメロ、Cメロ の構成が難しいと思った。

No.7 RDF Just Now:8.0
 ゲームメイクできる花のある右サイドバック。これ もメロと歌詞のリズムが見事にはまっている。あまりにも良い歌メロを先に作ってしまったため、ベースアレンジメントに苦慮したと予想。Aメロ~Bメロ間、Bメ ロにコード感に不安定な箇所が有る。オリジナリティ戦術か。イントロのそれはOKだと思う。

No.8 CDF Lovers:9.0
 闘将。この曲は古きよきタイムカプセルズの魂を 守っていると言えるだろう。アレンジメントがインディ風ではなく、古典的。外野はオリジナリティを求めるかもしれないが、私はこういうのが大 好きでたまらない。

No.9 CDF Nice Flight:7.0
 最終ラインに構えるレゲエ番長。そろそろサッカー ネタが尽きてきた。ダブアレンジは相当難しいと思うが、アルビーシンガー流にアルバムを締めくくる一品。

No.10 FW Koshi Ono:9.5
 ファンタジスタ。よく一人であきらめず、このよう なCDを作れたと思います。メンタル強し。

No.11 GK Uwe Muller:採点不可
 プレーに関与せず。ブランクも長く現役復帰に疑問 符も。ただし最後尾のポジションはピッチ全体を見渡せるとも言われています。

                                                                                                                          Takehiro Uemura

Comment Stream