630の減らし方

AmaneMochizuki


わからなくても、とりあえず設定すれば効果出ると思います。


①通信速度向上のための設定

[スタート] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] と進み、[コマンドプロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]をクリック、出てきた黒い画面(コマンドプロンプト)にそのまま、

netsh int tcp show global

と入力しEnter。

※コピペする場合は、コマンドプロンプトではCtrl+Vでは出来ないので右クリックから貼り付けしましょう。

一覧が出てくるので上から三行目までが以下のようになっていることを確認してください。

●Receive-Side Scaling状態:enabled
●Chimney オフロード状態:automatic
●NetDMA 状態:enabled

以下のコマンドを1行ずつ入力(先ほどの方法で1行ずつコピペでも可)してください。

netsh int tcp set global chimney=disabled
netsh int tcp set global rss=disabled
netsh int tcp set global netdma=disabled
netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted
netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp

結果的に先ほどの一覧がこうなってればOKです。

●Receive-Side Scaling状態:disabled
●Chimney オフロード状態:disabled
●NetDMA 状態:disabled

②630エラー回避のための設定

① TCP/IPv6の無効化
[スタート] → [コントロールパネル] → [ネットワークの状態とタスクの表示] → [アダプターの設定の変更]
有線LAN接続だったら、[ローカルネットワーク接続]を右クリックして、プロパティを開きます。
無線LAN接続だったら、[ワイヤレスネットワーク接続]を右クリックして、プロパティを開きます。
[インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6) ]のチェックを外します。

②EthernetAdapterのフロー制御を変更
[スタート] → [コントロールパネル] → [ハードウェアとサウンド] と進み、
デバイスとプリンターの[デバイスマネージャー]を選択してください。
[ネットワークアダプター]をクリックすると出る、EthernetAdapter(機器の構成によりEthernetコントローラ、Realtek PCIe GBE Family controlller、Ethernetアダプター等表記が違います)を右クリックして、プロパティを開きます。

以下の中で、あるものだけを変更してください。

[詳細設定]タブより
[ARPオフロード] 無効、又はDisabledにセット
[energyEfficientEternet] 無効、又はDisabledにセット
[NSオフロード] 無効、又はDisabledにセット
[TCPチェックサムオフロード] 受信と伝送有効、又はRx & Tx enabledにセット
[IPv4cheksumオフロード]  受信と伝送有効、又はRx & Tx enabledにセット
[UDPチェックサムオフロード] 受信と伝送有効、又はRx & Tx enabledにセット
[グリーンイーサネット] 無効、又はDisabledにセット
[フローコントロール] ハードウェア制御、又は有効、又はRx & Tx enabledにセット

[電源の管理]タブより
[電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフに出来るようにする]のチェックを外します。

③ネットワーク自動調整機能を変更
[スタート] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] と進み、[コマンドプロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]をクリック、出てきた黒い画面(コマンドプロンプト)にそのまま、
netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted
netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp
と1行ずつ入力(先ほどの方法で1行ずつコピペでも可)してください。

③ロード時間短縮のための設定

Internet Explorerを開き、右上の歯車マークから、[インターネットオプション]を開きます。
[接続]タブから、[LANの設定]を開きます。
[自動構成]の中にある、[設定を自動的に検出する]のチェックを外します。

④nProの影響を少なくするための設定

ここから「オートギア」というソフトをダウンロードします。

解凍すると、
AutoGear.exe
AutoGear.txt
という2つのファイルがあるので、「AutoGear.exe」を起動します。
右にある追加ボタンを押します。

開いたダイヤログで[参照]ボタンを押してください。

nproはexeファイルではないので、開いているダイアログの[ファイルの種類]を[All Files(*.*)]に変更してください。
変更したら、
使っているPCが64bitの場合、
C:\Program Files (x86)\SEGA\PHANTASYSTARONLINE2\pso2_bin\GameGuard
32bitの場合は、
C:\Program Files\SEGA\PHANTASYSTARONLINE2\pso2_bin\GameGuard
のフォルダを開きます。

このフォルダにある、拡張子が.desのファイルを全部選んで、全部のファイルの指定優先度を[低]にしてください。
これを.desファイルを全部指定し終わるまで、[参照]ボタンを押すところから繰り返してください。

すべて指定し終わったら、「セーブ」を押してください。設定ファイルが保存されます。

AutoGearは起動した時にこのファイルをそのままでは読み込まないので、[オプション]から読み込むよう設定を行います。

[オプション]を押してください。

[ファイル]タブより
[オートセーブ]と[オートロード]にチェック

[一般]タブより
[スタートアップにショートカットを作成します。]にチェック

これで、PC起動時にAutoGearを起動するようになります。

すべてが終わったら[隠す]を押して、このウィンドウを隠します。
×や[常駐終了]を押してしまうと、ソフトが終了してしまうのでしないようにしてください。
これはPC起動時にソフトが立ち上がった時も同様です。

これですべての設定が終了です。
お疲れ様でした!

Comment Stream