コミュニケーション

コミュニケーションについて

あなたはきっとコミュニケーションの大切さ、重要さに気がついているだろう!愛を叫ぶにもコミュニケーションが必要だ!共感を得るにもコミュニケーションが必要だ!コミュニケーションについて法則があることを知っている人は少ない。

コミュニケーションの第一の障害は「そこにいる」能力の欠如です!

コミュニケーションとは

だれか、または何かとのあいだで考えや意思をやり取りすることです。
(ここに書いている言葉どうりに受け取ってください)

いままでに正しいコミュニケーションの取り方を教わったことがありますか?

コミュニケーション能力が下がる原因を明確に示せますか?

逆にコミュニケーション能力を向上させる明確な方法を示せますか?

コミュニケーションにはハッキリとした法則があります。コミュニケーションにおいての障害や困難、誤解はコミュニケーションの法則からそれることで生まれます。

第一のコミュニケーションの法則は「ただ、そこにいる」です!

「ただ、そこにいる」ことが出来ない?なんのことだか、さっぱり分かりませんよね。
ここで細かく説明しませんが簡単なたとえを紹介しておきます。

車を運転する人は「そこにいる」べきなんです。たんに、車や周りの状況とコミュニケーションを取りながら運転する!だけで良いんですが・

仕事のことに気持ちが向いている。彼女に振られたことに気持ちが向いている怒られたことに気持ちが向いている。三日前に事故を起こしたことに気持ちが向いている。ミス、失敗したことに気持ちが向いている。旦那が浮気していることに気持ちが向いている。子供の教育、進路のことに気持ちが向いている。スマホが気になっている。

ちょこっとしか気になっていなかったりかなり深刻に気になっていたり状況は様々ですが「そこにいない」割合が大きければ事故を起こす割合も増えていきます!

怒りながら運転している人がいたら僕は横に乗りたくありません。嘆き悲しみながら運転している人がいたら、やはり乗りたくありません。お酒を飲んでいる人、あぶない薬を飲んでいる人の横にも乗りたくないです!

共通点は「そこに、いない」からです。話があちこちに飛んだり、話が止まらない人、要領を得ない人、緊張していたり、上がっていたりする人は、だいたい「そこに、いない」です。

さて、少し話を変えましょう。

おそらく僕とあなたは、今この時点で始めましての関係でしょう!冒頭に(ここに書いている言葉どうりに受け取ってください。)と記しました。
なんの疑いも持たずに素直に受け取る人もいるでしょう。
参考にはするけど、どうせNETの世界だしデマやうそでしょう!と考える人も多いはずです。
初対面にもかかわらず、「そこに、いない」人は≪過去の似たような経験・感覚・感情と重ね合わせて≫僕からのコミュニケーションを受け取っている可能性があります。
僕が正直に書いているか、たんなる偽善者かコミュニケーションを取ってみないと本当のことはわからないと思いますが・・・
普段の生活でも思い込みや色眼鏡で見て誤解して失敗した経験がありませんか?どうでしょう。

『そこにいて』コミュニケーションを受け取ることは、始めに知るべき重要な法則です!

わかりずらいかな?表現のしかたや紹介の仕方が「へたくそ」ですみません。すこしでも伝わっているとうれしいです。*僕が書くとこんな雰囲気の文章になってしまい、十代からの反応が一番多いんですよ。

コミュニケーションの障害は何が原因か?コミュニケーション能力を向上させるために何が必要か?聞く、話す、そして理解するために知るべき方法とは?コミュニケーションが出来ない具合において生きづらくなるのは何故か?

などなど、もっと沢山紹介したいです。
知りたい?別に?なんとも思ってない?
つぎのページに進んでみる?

管理人に聞いてみる! 下のフォームよりどうぞ。 マインド修復士 さとし。