抜かずに済ませる方法はある? 「親知らず」の正しい対処法

歯医者で親知らずの存在を指摘されて「そろそろ抜かなきゃダメかな?」と考えたことがある人は多いはず。親知らずの抜歯は痛みを伴うため、できれば避けたい! と先送りにしがち……。抜かずに済むならそれに越したことはない!? そこで、親知らずの正しい対処法を、歯科医の村田雄子医師(むらたデンタルクリニック)に聞きました。

―そもそも、親知らずは抜くべき?
親知らずの抜歯は痛い、腫れる、時間がかかるなどとよく言われますよね。これは親知らずの生え方に大きく関係しています。
親知らずとは、10代後半から20代前半に生えてくることが多く、親が子どもの口の中を管理しなくなってから生えてくるので、「親が知らない歯」という意味で親知らずと言われるようです歯科技工用機器

現代の日本人は顎が小さく親知らずが生えるスペースがないことが多く横向きに生えたり前の歯に引っかかって途中までしか出てこなかったりするので虫歯や歯周病の原因になりやすいため、抜歯を勧められることが多いようです。
親知らずは、きちんと真っ直ぐに生えて上下上手く噛み合っていれば抜く必要はなく、ブリッジや入れ歯の支台としても有効に使えるのでしっかりと根付いた歯を余分に得たことになります。しかし、奥歯までしっかり磨けないと虫歯になりやすい環境ではあるので注意が必要です。
―親知らずに「抜きどき」はある?
抜歯を勧められたなら若いうちに抜歯する方がよいでしょう。それは、年齢が上がると骨と歯根が癒着してくることがあり抜歯が困難になるためです格安歯科治療器具

女性は妊娠、出産もありその期間中に痛みが起きたりするとお薬や麻酔することに通常より不安も過敏になるでしょう。そのため、私は、若い女性には「抜歯が必要であれば結婚、出産前にしましょうね」と勧めています。
心あたりがある方は、早めに歯科医院で相談してみて下さいね。