One Panasonic Hackathon

パナソニック有志社員と社外参加者が入り混じりながら、

新しいものづくりを実践!

主催:One Panasonic

共催:大阪市都市計画局

協賛:Mashup Awards 9

協力:公益財団法人都市活力研究所

One Panasonic Hackathon』は、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)の有志社員と社外参加者が混合チームをつくり、短期間でオリジナルガジェットのプロトタイプを完成させるという課題にチャレンジするイベントです。

申し込みリンクはページ最下部にございます。社外参加者とパナソニック有志社員で分かれておりますので、ご注意ください。※10/5:締め切りました。

社員の知識拡大、志・モチベーション向上を目的に有志でさまざまな活動を行っているOne PanasonicのNext Actionの一つとして、今回、会社の枠にとらわれないOne Panasonic主催のハッカソン『One Panasonic Hackathon』を開催いたします!あなたの想いや熱意をぜひこの場で形にしてみませんか?(社内技術の開示はなく、オープンソースの技術を用いてのハッカソンとなります。また、テーマは当日発表します。)

社外からご参加いただく方々にとっても、パナソニック社員との共同プロジェクトを通じた、刺激・気付き・学びの機会を提供できればと考えております。また、審査員には経営幹部を呼ぶことや、後日にプロトタイピングの社内提案の場を設定することを検討しています。

One Panasonic Hackathon開催にあたって、Mashup Awards 9そして大阪イノベーションハブとコラボレーションをし、運営側も知恵を結集して企画を準備しています!今までにないチームでコンセプト発想から実際にプロダクトを生み出す経験をしたい方、ぜひご参加ください!

Mashup Awards 9:日本最大級の開発コンテストとして、現在第9回の応募作品を募集中。今回のOne Panasonic Hackathonでは各APIの提供に関して強力サポート!もちろん、One Panasonic Hackathonで生まれたアイデアをMA9に応募することもできます。MA9詳細はこちら

大阪イノベーションハブ:「大阪イノベーションハブ」は、世界中から人材・情報・資金を誘引するイノベーションの創出をめざし、テクノロジーを事業化する人々のサポート拠点として大阪市が2013年4月うめきたに開設しました。大阪が持つ多様なものづくり産業の集積をベースに、テクノロジーを開発する人、テクノロジーを事業化する人によるプロジェクトが次から次へと誕生し、世界市場に通用するイノベーションが創出される拠点をめざしています。(大阪イノベーションハブ公式HPより引用)

開催日時・場所

アイデアソン 平成25年10月12日(土)9:00~20:00 @大阪イノベーションハブ

最終審査   平成25年10月26日(土)9:00~19:00 @グローバルベンチャーハビタット

※会場は、両施設とも、グランフロント大阪 タワーC 7階にございます。

参加費用

1,000円(税込)

(アイデアソン諸経費として。プロトタイピングでの全費用は、チームごとでの清算となります。)

対象/定員

①ハードウェアエンジニア 10名

Arduino、Raspberry Pi、その他マイコンを使用した電子工作の経験・関心がある方

想定使用技術:Arduino、Raspberry Pi、無線通信モジュール、各種センサーなど

②ソフトウェアエンジニア 10名

アプリケーションやウェブシステムを開発した経験・関心がある方

想定使用技術:Android(Java)、iOS(Objective C)、Web関連(HTML)、サーバ関連(Python、PHP)など

③プロダクトデザイナー 5名

プロダクトデザインやUI/UXデザインの経験・関心がある方

想定使用技術:Illustrator、Photoshop、3D CAD、スチレンボードやレゴブロックなど

④カタリスト 5名

チームビルディングやプロジェクトマネジメントの経験・関心がある方

(進捗管理で事務局に連絡いただく機会が多くなることが想定されます)

プログラム(予定)

10月12日(土)アイデアソン、中間発表

・イントロダクション

・アイデアワークショップ

 メインファシリテーター:GOB Laboratory 渡辺 直樹 氏

・中間発表

・プロトタイプ製作準備

※20:00終了予定

10月13日(日)~25日(金)開発期間

各チームで最終発表に向けて自由に開発を行っていただきます。

10月26日(土)最終発表

・プロダクトの最終調整、最終発表準備

・最終発表

・審査員総評

※審査員に関しては最終調整をしております。

参加にあたっての注意事項

・プロトタイプ製作に関するパーツ購入やその購入にかかる費用は、各チームでの清算とし、事務局よりパーツ類は配布いたしません。

・One Panasonic Hackathonでは、イベント中、イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材も想定されます。このため、その写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性があります。このため、参加者は当日の撮影に同意した上でご参加ください。

・各チームが作成した作品に関する権利は全て公知のものとし、One Panasonicおよびパナソニックが作品に関する権利等を主張することはありません。

・各チームが作成した作品の写真・動画・作品概要等については、イベント成果として情報発信いたしますので、予め同意の上でご参加ください。

・応募者多数の際は、One Panasonic内にて選考委員会を組成し、申し込み時の情報を基に「スキル・技術のレベル」「参加動機と開催趣旨との整合性」などの観点から書類選考を行います。

・申し込みフォームの質問事項への回答は、チーム編成ならびに応募多数の際の選考の資料とさせていただきます。

・ハードウェアエンジニアおよびソフトウェアエンジニアでプログラミングをされる方、プロダクトデザイナーでCAD設計ソフト等を利用される方は、PCを各自ご準備ください。

・チーム編成は事務局側で行います。

よくあるご質問

Q:アイデアソン(Ideathon)・ハッカソン(Hackathon)とは?

A:IdeaとMarathon、もしくはHackとMarathonを組み合わせた造語で、短期間の内に個人もしくはチームでアイデアもしくはプロトタイプを生み出すイベントのことです。今回は初日のコンセプト創出をアイデアソンと位置づけ、そこで生まれたアイデアをプロトタイピングするハッカソンとなっております。

Q:事前にアイデアを考える必要はありますか?

A:必要ありません。One Panasonic Hackathonでは、初日のアイデアソンにて各チームのアイデアを考え出していただく形式を取っています。

Q:One Panasonicとは?

A:One Panasonicはパナソニックの若手社員を中心とする約1000名の有志団体であり、社員の知識拡大、志・モチベーション向上を通じた、企業・社会貢献を目的に活動しています。有志団体ではありますが、社長をはじめ経営幹部も参画するなど、全社的に広がる活性化の取り組みとなっております。Facebookページはこちら

お問い合せ先

One Panasonic Hackathon運営局:ophackathon@gmail.com

申込締切日時

平成25年10月5日(土)13:00

Comment Stream