HAVE AN
INTIMATE RELATIONSHIP
w/ JESUS
イエス様と、恋に落ちる様に

2014年9月6日土曜日


賛美と祈りの集会「RELATION」は、教団教派を超えた賛美と祈りの集会です。

【Session1】13:00-15:00 聖書ティーチング/セミナー「文吾塾」

【Session2】16:00-18:00「賛美集会」

 講師:久保田文吾師 Kingdom Seekers牧師 雑誌「7000」編集長

http://kingdomseekers.jp/
http://seventhousand.jp/

メッセンジャー:小嶋啓太師 エレベートチャーチ伝道師

http://www.elevatechurch.jp/

ワーシップリーダー:能城黎


対象年齢の制限はありません。主を慕い求め、愛する心のある方はどなたでもお越しください。入退室は自由です。

【注意事項】

参加される方は、所属教会の牧師先生の許可とご理解を頂いた上で、お越しください。

会場:堺福音教会東京チャペル

〒135-0042 東京都江東区木場2丁目17-10-301

参加費:無料(席上献金有り)

メール:sanbitoinori@gmail.com

about RELATION

~この集会について~


この集会は、賛美と祈りをメインにした集会です。何かすごいプログラムを用意しているわけではありません。ただ主だけを慕い、神様の臨在を味わい、主との親しい時間を持つ時になればと考えています。そのことを通し、さらに深い主との親密な関係(=RELATION)が、各個人の生活、置かれた教会において築かれていくことを願っています。

・RELATION=関係とは?
聖書に神様と私達の関係は、「父と子」「友」であると語られています。またキリストを花婿、教会を花嫁として、婚姻関係であるということも語られています。そういった主との親密な関係に、この集会はフォーカスをしていきます。


・RELATIONという集会を行う3つの理由。
1.キリストの御体なる教会(花嫁)が建て上げられることを励ます。

 超教派の賛美と祈りの集会という形をとっています。どこかの教会や教団、特定の働きに限定せずに、キリストの御体なる教会全体(花嫁)が建て上げられることを願っています。

重要なことは、集会より教会です。この順番が間違ってしまっては本末転倒です。結果的に集会を通して、御体なる教会全体が励まされ、その各部位である各々の地域教会に還元されることを願います。

前述の通り、地域教会を尊重し大切に考えています。霊的な賜物やみ言葉の適応等、各教団教派の意向を尊重しつつも、聖書に書かれている御言葉を基準としたバランスを取れればと考えています。


2.真の礼拝者がたて上げられ、さらに深く主との親密な関係に入っていくことを励ます。


 集会自体が栄えることや、特定の礼拝のスタイルが注目されることを望みません。「特定の教会・集会・スタイルでなければ恵まれない」という形式依存的な信仰ではなく、主ご自身に感動し、主を愛する若者が起こされることを願っています。

集会の中においても、ある人は御前に跪き、ある人は厳粛に静まり、ある人は叫び声をもって主を褒め、ある人は喜び踊り、ある人は異言で祈り、ある人は知識の言葉で祈るでしょう。多種多様な礼拝スタイルがある中で、自分の好みに合わない礼拝スタイルであったとしても、主を礼拝することを選ぶ本質的な礼拝者が建て上げられればと考えています。

毎日の生活の中で、学校や職場や家庭において主を礼拝し、御心を歩む真の礼拝者となり、主との親密な愛の関係を築いていく励ましになれればと願います。


3.主が再び来られることを知らせる「声」(マタイ25:6)となる働き

 私達のクリスチャンのゴールは、再び主イエス様がこの地に来られる時でしょう。目指すべきゴールがなくては、どこに向かっているのか、今どのように走っていいかもわかりません。私達の信仰生活において「ゴールはどこか?」が大切です。今日において、世界情勢と聖書を見てみると、終わりが近いと感じさせる事柄が多くあります。主がいつ来られるかはわかりません。御子イエス様もその時を知りません。しかし、いつ主が来られてもお迎えできるよう、道を備え、目を覚 ますよう促す「声」の存在が必要だと考えます。

 マタイ25章の例話を見ると、油を絶やさなかった賢い娘も、油を絶やしてしまった娘も、眠ってしまいましたが、主人が帰ってくることを知らせる声 で目覚め、ともしびを整えます。ここで油を絶やさない事は、大切なポイントですが、それと共にこの例話の結びは「目を覚ましていなさい」です。そのために用いられたの、主が再び来られることを知らせる「声」でした。

 荒野に呼ばわる者の声がする。「の道を整えよ。荒地で、私たちの神のために、大路を平らにせよ。(イザヤ40:3) 私達は今の時代にあって、主が再び来られる道備える必要があると信じます。そして、それを呼びかけるために「声」が用いられています。

以上の点から、この集会が、主が再び来られることを知らせる声の役割となれればと願います。私を限りなく愛してくださる、愛おしい花婿なるイエス様が帰ってきます!新約の時代に生きる私達は、福音による喜びの声をあげましょう!

主催:賛美と祈りの集会 RELATION(超教派ユースリーダー有志)

協力教会:暁キリスト教会

主催者:能城黎 運営担当:斎藤友良

Comment Stream