シェアする落語   第9回 立川談吉 2015年5月9日開催 

おかしくて
ハートウォーミングな古典落語を!

ご来場ありがとうございました。

シェアする落語 第4回 春風亭正太郎

撮影 高島秀吉

  • 日時: 2013年9月14日(土) 14:00開演(開場:13:30)
  • 会場: 古石場文化センター 3F第一和室
  • 東京都江東区古石場2丁目13−2(東京メトロ・都営地下鉄「門前仲町」駅 徒歩10分(地図)
  • 木戸銭(入場料):1500円  ペア券2500円
  • ※限定60席 座布団・座椅子付(予約売切れの際、当日券はありません、ぜひご予約ください)

落語の面白さを、あなたとシェアしたい。

あなたにも、落語の面白さをシェアしてほしい。


ちょっと変わった落語会『シェアする落語』第4回は 春風亭正太郎 さんにご出演いただきます。

落語協会二ツ目のホープとして、寄席や自らの独演会だけでなく、様々な落語会からお声がかかって大忙しの正太郎さん。

師匠・春風亭正朝師に仕込まれた確かな技術と、飽くなき研究心をベースにした豊富な落語の知見を持ちながら、それを少しも見せびらかそうとしない正太郎さん。その高座は、あくまで朗らかに、そして心を込めて丁寧に演じられます。

しっかり笑いをとりながらも、ハートウォーミングな古典落語を展開し、初心者から落語マニアまで幅広い層から支持されている春風亭正太郎さんは、いま、ぜひシェアしたい落語家さんなのです。


そして第1回・立川談吉さん、第2回・桂宮治さん、第3回・立川こはるさんのご出演で大好評だった過去3回に引き続き、またまた今回も『シェアする落語』ならではの仕掛けもご用意。

まず、恒例の『シェアタイム』では、主宰・四家正紀(しけ まさのり ブログ『裏4k』)と、正太郎さんがトークを展開。なんとなんと写真撮影OK!

お客様の落語体験をブログ・ツイッター・フェイスブックなど、ソーシャルメディアで気楽にシェアしていただけます。

ぜひ、カメラ・スマートフォンなどご持参の上、ご来場ください。


観客のみなさんによる写真・ツイート・ブログ記事でシェアされた様子は、こちらをクリックしてご覧ください。

シェアする落語第1回 立川談吉

シェアする落語第2回 桂宮治

シェアする落語第3回 立川こはる


さらに、インタビュー記事と豪華な写真で読み応えたっぷり。

こちらも大好評のパンフレット『シェアらくグラフ』もお楽しみに!

前回(第3回)で配布した『シェアらくグラフ』

限定60席。

ご来場の際はぜひご予約をお願いいたします。予約で売切れますと当日券はありません。

●終演後、打ち上げも開催する予定です。正太郎さんもいらっしゃいます。ご希望の方はこちらにもぜひご参加ください(会場はおそらく、近所の居酒屋です)。

お申し込み後、確認のメールを配信いたします。

届かない場合には必ずこちらのフォームからご連絡ください


『シェアする落語』とは?

ライブならではの、スリルってありますよね。

この先どうなっちゃうんだろう? っていう、ドキドキする感じ。
このまま終わんなきゃいいのにな~ っていう、幸せな感じ。
お客さんみんなで同じ気分を味わってる、あの感じ。

たった一人の演者が作り出す仮想空間。
緊張感と、やがてもたらされる心地よい弛緩。


生で聴く落語は、極上のライブ・エンターテインメントです。


そんな生落語の魅力を、できるだけ気楽な形で、だれかと分かち合いたい。
などと、ずいぶん大それたことを考えました。

さらにもう一つ、趣向があります。
生の落語を体験したときの感動を「会場に来られなかった、他の誰か」と分かち合いたい。
そう思うことがよくあります。
僕はブログやツイッターを使っていますが、
いい写真がないんですよね。当然ですけど噺の最中は撮影できませんから。
これを何とかしてみたいと思っています。

落語の面白さを、あなたとシェアしたい。
あなたにも、落語の面白さをシェアしてほしい。
生の落語を体験してください。
そして、面白かったら、ネットでどんどん情報を流してください。

そんな変わった落語会『シェアする落語』はじめます。


出演をお願いするのは、ただいま売出し中の若手「二ツ目」のみなさん。
主催者が厳選して自信を持ってお勧めできる方々です。


ずぶの素人による、不慣れな運営。
何かとご迷惑おかけするかと思いますが、そこは一つ平にご容赦、じゃなくて叱咤激励を、お願いします。


『シェアする落語』主宰
四家正紀(ブログ『裏[4k]』)