シェアする落語 メール会員制度

シェアする落語に関する情報をお送りします。

もちろん無料

シェアす落語 第1回出演 立川談吉

撮影 高島秀吉


ちいさな不思議な落語会「シェアする落語」と、
生落語に関する情報をお届けします。

『シェアする落語』第1回は立川談吉は、おかげさまで早々に完売してしまいました。ありがとうございました。

「行こうと思っていたのにー」という方、本当にすみません。

主宰者は現在第2回を考えております。

また、第1回についてのちょっと豪華なパンフレットも現在制作中です。

そんなこんなで、情報発信していこうと思っています。

とりあえず、Facebookページの『シェアする落語』を「いいね!」しておいていただけると、タイムラインにて情報をご確認いただけます。

しかしこれ、見落とすかもしれません。

また「Facebookはちょつと…」というかたもいらっしゃるでしょう。

ということで「メール会員制度」をスタートします。「情報はメールで欲しい」という方は、もしよろしければメールアドレスをご登録ください。
不定期(多くて月3回程度だと思います、たぶん。毎日とか絶対無理)にて、落語会に関する情報を配信させていただきます。

●『シェアする落語』ご予約の方には自動的に同じメールにて情報をお送りいたします。もちろん配信停止も可能です。

シェアす落語 第1回出演 立川談吉

撮影 高島秀吉

『シェアする落語』とは?

ライブならではの、スリルってありますよね。

この先どうなっちゃうんだろうっていう、ドキドキする感じ。
このまま終わんなきゃいいのにな、という幸せな感じ。
お客さんみんなで同じ気分を味わってる、あの感じ。

たった一人の演者が作り出す仮想空間。
緊張感と、やがてもたらされる心地よい弛緩。


生で聴く落語は、極上のライブ・エンターテインメントです。


そんな生落語の魅力を、できるだけ気楽な形で、だれかと分かち合いたい。
などと、ずいぶん大それたことを考えました。

さらにもう一つ、趣向があります。
生の落語を体験したときの感動を、会場に来れなかった、他の誰かと分かち合いたい。
そう思うことがよくあります。
僕はブログやツイッターを使っていますが、
いい写真がないんですよね。当然ですけど噺の最中は撮影できませんから。

今回の企画では、これを何とかしてみたいと思っています。

落語の面白さを、あなたとシェアしたい。
あなたにも、落語の面白さをシェアしてほしい。


生の落語を体験してください。

そして、面白かったら、ネットでどんどん情報を流してください。

そんな変わった落語会『シェアする落語』はじめます。


出演をお願いするのは、ただいま売出し中の若手「二ツ目」のみなさん。
主催者が厳選して自信を持ってお勧めできる方々です。

狭い会場で人数限定。
そしてずぶの素人による、不慣れな運営。
何かとご迷惑おかけするかと思いますが、そこは一つ平にご容赦、じゃなくて叱咤激励を、お願いします。


『シェアする落語』主宰
四家正紀(ブログ『裏[4k]』)