2013年6月10日午後1時30分より

緊急合同祈り合わせのやり方

世界規模の大きな災害の引き金となる、6月13日の関東での前震をどの様に分散・分割し完全に回避するのか。その方法を会場に集った人々が見えない存在に問い、6月10日午後1時30分から行ういのり合わせの方向性・方法についてコンセンサスが得られた。その一連の協議・やり取りの模様を文字化いたしました。

(参加者女性I 氏)

あの、祈り合わせですので、伊豆大・・・さっき言われた伊豆大島、浅間山、箱根、富士山、これ各々どっちの方に逃がして下さい、地下のプレートを統一させて下されば、それに、そのように皆さんが祈れば、強くなるんじゃないですか?

(良丸氏)

統一すると言うと?

(高橋氏)

同じイメージを持つということ?

(I 氏)

例えば・・・そう、同じ。だってこちらの人があっちを言い、こっちの人が海の方とか色々言われても困っちゃうので・・・

(良丸氏)

(りか氏に)ちょっと聞いて下さい。(前に)出て、言って下さい。

(りか氏)

私ですか?

(良丸氏) 

はい。もう(神さまに)直接聞きましょう。あの、私の頭の中、もう、次、何が起こるとか、何処で何が起こるって判断しているので、もうぐるぐるぐる回って、今日、やっとしゃべっているような感じですので、すみません。じゃあ、今、話しした流れで話をして下さい。

(I 氏)

海の方がいいか、どっちの方に流したらいいか。

(良丸氏)

ん?どっちに流した方がいいでしょうかね?どっちがいいですか?

(I 氏)

伊豆大島と浅間山、違いますよね?だから分からないの。教えて下さい。

(りか氏)

伊豆大島と浅間山ですか?

(良丸氏)

えっと、要はですね、(I 氏: 箱根、富士山) あなたは頭でイメージしてて、浅間山は何処にある?(一同笑い)いや、要は、富士山の後ろっかわですよ。あの、えっと天皇とか皇太子がご静養に行ってるとこ、ご静養に行くところの近く、軽井沢、うん、軽井沢。

(りか氏)

日本地図出してもらった方が。

(良丸氏)

日本地図。はてなマークが出てる?。(地図での打ち合わせ部略)

えと、すいません、ちょっとお聞きしていいですか?伊豆大島どこら辺?伊豆大島がここにあるね、で、箱根がここにあるね、富士山、箱根。ここに浅間山がないが、これのちょっとここら辺り。ここにあります。この1、2、3、4でイメージして下さい。1、2・・・あっ、1、2、3、4・・・

(小山氏)

じゃあ、その力を房総沖の方に流した方がいいのか、日本海側に流した方がいいのかっていう、イメージ的には。

(良丸氏)

もう小山さんの家の方がいいんじゃないですか?(一同笑い)

(小山氏)

いや、そうしたらみんな巻き添えですよ。

(良丸氏)

あぁ、そうですね。横浜で受けてもらう形。要は、やはりここら辺の近くで起きてもらった方が、逃がしてもらった方がいいですね。房総沖はちょっと恐いです。逆に、ここら辺の方がいいです。

(I 氏)

そっちは原発ありますよね。浜岡原発。

(良丸氏)

原発はここですよ。いや、ここら辺です、ここら辺。あぁ、ごめん、あの伊豆大島の近くです。伊豆大島の近くの海底の方で、新しい島が出来るぐらいのイメージをもってして下さい。もっと遠い方がいい?少しは皆さん受けた方がいいんじゃないですか?難しいですね。

(りか氏に)じゃあ、聞いてみて下さい。あなたがイメージして下さい。だから、私こっち座ってるの。

(りか氏)

あぁ、あっ、すみません。(笑い)

(良丸氏)

それを聞きなさいってお願いしてるのに。(映像打ち合わせ略)

何処に逃がすか?

で、本当はね、ここ、ここら辺も本当、恐いんですよ。うん、ここら辺恐いんですが、私としては自信を持ってこっちは何とかしたと思います。何とか出来たと思っています。ただ、ここはちょっと去年、失敗しました。こことここは本来、ちょっと動きは強いですので、それが動けばここになります。

で、本当はこれが動くということで、これまで何回か動いてるのがここなんですよ、八丈島。八丈富士が噴火して、大きく、大島と八丈島が大きく噴火して、この、ここら辺を守ったというのはありますが、今、それをやってしまうと八丈の人達や大島の人達の人命に関わりますので、何処か考えないといけません。

これを見て、じゃあ、まずね、ごめんなさい、りかちゃん、いいですか?私は実際にこの周辺は、自分では関東と一番恐いところのここは、これまでのずっとやってきた御神事で何とか出来たと思っています。

で、伊豆大島と箱根と富士山と浅間山とで、何とか調整すれば出来ると思っていますが、意識して、そのエネルギーを抜けば出来ると思っていますが、その出る場所を別にするのか、私が言われているものと違う方法であるならば、今、聞いてみて下さい。その方が早いでしょうから。

早く聞いてみて下さい。

(りか氏)

私が聞いてもいいですか?

(良丸氏) 

はい、いいですよ。マイクで言わないと後ろまで聞こえないから。

(りか氏)

あぁ、はい、大丈夫です。

(良丸氏)

動くとしたらここ、こっちが恐いですよ。埼玉から東京、ここ。か、横浜。だから、小山さんと、高橋さんが真剣に祈れば、ここは大丈夫です。神とか信じない人が真剣に動けば、本当に奇跡が起こるかもしれません。(小山氏に)信じてます、神様?(小山氏: あぁ、はい。)あぁ、そうですか。(笑い)今、冗談っぽく言ってますが、本当はちょっとかなり・・・あれしてます・・・

(りか氏)

大丈夫ですか?

(良丸氏)

はい、どうぞ。言って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・音声ファイルはここからはじまります・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(りか氏)・・・伝えられた言葉

何処かに逃がすというよりも 戻すという意味合いを含め 大きな意味で考えるがよい

意識を持つことにより 大切な流れを保ち続けゆくこと出来るであろう

何故ならば それは 今 現状 現在 この日本列島という島々に於いて 島国に於いて 何処に逃がそうとしても その力は 均一な方向へと逃げぬようになっているからである

逃げないのである

皆 それぞれ 方々へと 散り散りばらばらに 散らばっていったとしても 何処かが動けば 何処かが繋がり 何処かが連鎖し 何処かがまた大きな噴火を促すということに繋がりゆくからである

けれども それを押し返す 押し戻すということ そのイメージ 想いを持つことにより これは また別な意味での噴火を促すことになりゆくが ここではない何処かに繋がりゆくことになりゆくこととになるであろう

(良丸氏)

これは、これまでやっている外国になってしまいますが。

(りか氏)

うん

(良丸氏)

これを皆さんにお願いしても大丈夫なんですかね?

(りか氏)・・・伝えられた言葉

けれども そこより更に そなた達の想いをしっかり遂げてほしいものがある

それは そなた達がよく思う 均等 均一 バランス 調和 統合 和合 調和 その意味をしっかりと持ってほしいと言うのだ

多くをゆったからに そなた達の頭の中で 少し難しいと思う思いが立ち上がっているのは よく分かっておる  

しかしながら これをいったん戻す 押し戻す そして 何処か1ケ所に集中するのではなく 今現在 火山活動をしている国々 また 山々 それらはこの地球上に数多くありゆくものである 

けれども それら 全てが 少しばかりの噴煙を上げるという形にて それを 分散 分割 そして担当 対応することによって 全ての山々に 少しだけの 小さな噴火をする 促すことが可能になってくるであろう

これは大きなものを促せということではない

押し戻しゆくが しかしながら その押し戻された分 全ての 何百 何千とある 火山の山々に於いて 少しずつの噴煙という形で対応してもらうのである

それを分散 分割 そして みんなで分け合う そして 対応 対策しゆくということになりゆくのである 

これを 必ずしも 全てのものが行い また 全ての状態にて これが行われるということではないが 今回に限り これに対しては この対応をしなければ難しいのである

けれども それをしたところに於いて 先日 そなたに伝えたように 三島 三浦 大島 七島に於いての 噴煙 噴火のなせる業に於いてのものは 数多くのものが上げている筈である 

しかしながら これが 少しばかり後に延ばしゆく 後に少しばかり延びゆくという形に繋がることにもなるであろう

50年という流れを伝えたのであるが いったんこれを押し留めゆくことによって 50年という流れではないところの 若干の 数年という年月に於いて 後ろに下がることに繋がりゆく筈である

(良丸氏)

ちょっといいですか?前回クルージングで東京湾を出た際に、伊豆大島を曲がって、三浦半島を横切る際、50年先には伊豆大島が消える。

(りか氏: うん)

また、紀伊半島、その伊勢湾の方には、伊豆七島が消えてしまうという教えの下に、今、言っている訳ですよね?

(りか氏: はい)

それを避ける方法として、今、色々模索してるんですが、もう一度それに対して、それが起きることに意味があるということですか?

(りか氏)

起きることに意味があるということではないが 動きをまかなうために どのようにしなければならないのかは 現在 やはり模索中である

けれども このままの流れ 状態を 突き進めゆけば その流れ その七島が無くなるというところに終着点を置く他ないのである

(良丸氏)

それは50年後ろに起きるということになると、大変な前兆が起きてくる筈ですが、その間に富士山は噴火するでしょう?しない?

(りか氏: ない)

50年先、半世紀、先に延ばすことは可能?

(りか氏)・・・伝えられた言葉

それを 対応 対策するためのものでもある

(良丸氏)

とりあえず、今、それを話ししても、明日の話に、10日の話でございますから、何処で押し返す?ちょっと世界地図出してもらっていいですか?

聞かなきゃよかったな。(地図)ちょっとこれを大きくしてもらっていいですか?

よろしいですか?前回、それをやってしまうと、ペクト山か、フィリピン、サンフランシスコ、サンフランシスコ火山と言われていますが、そこに大きな被害は出ないんですか、実際に?

(りか氏)・・・伝えられた言葉

大きな被害を出すために伝えるのではなく 分散 分割を対応するということにして その願い 祈りをかけゆくということであり それを願い 祈り そして 対応 対策を皆に伝え 依頼をかけゆくということになるのである

(良丸氏)

ただ、あのここで心配なのが、特定の山を指定されると恐いので、世界中に分散分割で訴えてよろしいですか?

(りか氏)・・・伝えられた言葉

だから 人々は 皆 願い 祈る時に 今 ここで大きな噴火が起きては困る だから これを これを助けてほしいという形で 願い 祈ることが 全ての山々へと伝えゆくその意志の疎通に繋がるであろう

(良丸氏)

では、私の祈りとは異なり、ただ助けてほしいという意識でお祈りをすればいいということですか?

(りか氏)・・・伝えられた言葉

そなた達の祈りとは 全くもって この者達の祈りは違うのである

何故ならば それは そなた達に対応するものは また 別なものであり そして そなた達の意志疎通 そして それらの応じての物事の流れ また 未来に対しての物事の流れを模索しゆくもの達と共に動きゆくものである

が しかし 彼らに於いては 一人として 人として 一個人として 一人間として また 一つの小さな命として 助けてほしいということを 自然界に対し 願い 祈りゆくのである

それに対しての呼応 応えという形で 全ての山々が その模索をし そして 対応 対策の練り上げをするということに繋がるのだ

(良丸氏)

(I 氏に)意味、分かりました?

(I 氏)

結局、何て言えばいいんですか?

(良丸氏)

だから、今、言ってましたが、それがまた、I さん。

誰か質問したい人は質問して上げて下さい。

(小山氏)

今、言ってるのは、世界中の全ての山に向けて、心の中で助けて下さいと呼びかけるということですか?

(良丸氏)

そういうことです。(I 氏: 全ての山に) はい。

(高橋氏)

じゃあ、結局、地球の真ん中にあの一つのボールみたいにマグマがあって、そこに押し戻したものが、ボールが均等に膨らむようにっていう感じですよね?

だから、何処にということではなく、

(小山氏)

特定の山とか指定するとか、そういうことは、良丸さん達が

(良丸氏)

もう1回、じゃあさっきのあれを出してもらっていいですか?

今、高橋さんが言ったのは、結局内核に戻して、そこから世界中に少しずつ分散して下さいっていう意味合いを言ったの?

(高橋氏) 

うん。これは結局ボールですから、ここから戻しても、ここのボールに入れば、全部へ流れ均等に行くじゃないですか。拡がるじゃないですか。だから、僕らはここに戻して、ボールが・・・

(良丸氏)

戻すだけだったらこれ、膨れ上がるので、じゃあ、はっきり意識を持って、(りか氏に)えーと、いいですか?内核にエネルギーを押し戻し、核から世界中の火山に、均等してエネルギーを分散するという意識を持っていただくことでかまいませんか?それでよろしいですか?(りか氏: はい)

意味分かりますか、今?

核には外核と内核ってあるけど、中心の核にエネルギーを押し戻す。(りか氏: 中心?)

中心。地球の中心。

で、押し戻したら、膨張して出ようとしているのに押し戻すから、それがまたボンといこうとするのをみんなが意識して世界中の火山に、もうイメージでいいですよね、と、言葉で分散して、自分達を助けてほしいと、特定の1ケ所で大きく噴火することがなくという形でイメージをしてほしいということです。

それでよろしいですか?

(りか氏: はい)

じゃあ、他に何か伝えておくことはありますか。

(りか氏: ないです)

それで13日は本当に何とかなりますか?

ただ、それをみんなに呼びかけないと難しいですね。大変申し訳ないですが、お宅達はFacebookとか色んなもので皆さんに呼びかけて、協力を依頼して下さい。13日。(高橋氏: 10日。)

そういうイメージでお祈りして下さい。

で、10日に本当はお祈りしたいのが、北海道のことを回避したいんですが、それに対してはどういう意味を持って祈りをすればいいですか?

(55:20)

(りか氏)

それについての祈りは そなた達だけに行うことにしよう

そして また それは それについては ある程度の話し合いがついた筈であるから もう模索することはない

(良丸氏)

いや、私はあれあの納得してないんですけど。あれでは話し合いの決着ついたと思っていませんよ。じゃあ、いいですよ、これは後でまたご相談します。

すみません、(皆さんには)話が全然見えてこないと思うんですけど。

13日に関しては、意図的なもので、さっき彼が邪魔する人のどうのこうのって、ずっと言いたがっていますが、(イオン氏: こっちは自然の話をしているんですよ。)それで、実際には色々やりとりをして、妥協する、しようじゃないかみたいな話で言ってきてるんですが、私の中で妥協が出来なくて、納得してないところがある。それは言えないんですね、どういうことなのか。ちょっと変な話ですが、理解し辛い話で言ってしまいますけど、そういうところで今やりとりをしてます。

だから10日までにそれに関しては、で、大変申し訳ありません。

じやあ、10日に関してはお願いします。これは皆さんでお祈りして下さい。

奈良の西さん、見えてたら、手を振って下さい。(打ち合わせ略)見てたら何か、嫁さんにメール、電話でもいいですよ、かけて下さい。西さぁん、西さん。

10日は皆さんでそれを意識してお祈りをして下さい。(高橋氏: そのさっき言った・・・)

はい、全国に向けて。

(高橋氏: 10日に時間決めてましたっけ?)1時半。

で、それに関して1時半は私達もそれに合わせて共に祈りはします。

で、10日に関して、本当は北海道の件のお祈りをよびかけようとしてたんですが、10日はこれに集中して、1時半に皆さんで、イメージをして祈っていただきたいと思います。

で、私の方でそれが終って3時半から、ちょっとよりも実際には今日終わったら奈良に移動しながら、途中ちょっとやりとりを確認しながら、その北海道の方の祈りに関しては私と嫁さんと。(西氏の件で打ち合わせ)

要は、10日、西さん、ごめんなさい。10日はあのさっき言ったお祈りを中心に、沖縄の方にも確実にそれでお祈りをするように伝えて下さい。

で、1時半からそれに向けてお祈りをします。で、午前中は違う御神事を行います。この中で先ほど言ったやりとりをやった結果、3時半ぐらいから場所を変えてお祈りをします。

分かりましたでしょうか?西さん。

で、皆さんにはさっき言った形でお祈りの祈り合わせに力添えをいただきたいと思います。

ただ、言っていることがちょっと大げさとか、ちょっと話がおっきく感じられるかもしれませんが、馬鹿に騙されたと思って、ちょっと真剣にお祈りして下さい。実際に起きてしまったら笑い話じゃすみません。

本当に、10日の地震というのは、実際には前地震です。本格的な本震とは違う。13日、13日に起きるのは。それは本当に一瞬でも起きたら困るということです。うん、だからそれを分散という形でエネルギーを抜かすという形で、それを言っている訳でしょうから、それは完全に回避ですね。分散して完全に回避。それが何らかの形で震度6クラス、5、要は、震度5クラスから6クラスが起きれば、関東で起きてしまうと、3週間以内に本震が起きる可能性が高い可能性になります。

だから、小さくとも起きては困ります、関東で。

ですので、前地震というエネルギーを完全に分散して回避という形でお願いします。大丈夫ですか?

(高橋氏)

伊豆大島、浅間山、箱根、富士山と、あと御嶽、白山とか・・・

(良丸氏)

それは、それ、それはもういいと。(高橋氏: あぁそれはいいの?) もう、いいと。

さっきの話、あなた自分で説明して、何でそこにまた出てくるの?(高橋氏: そう、そこに来てるやつを戻すってことじゃないんですか?)

もう、いいです。とりあえず関東近辺に来てるエネルギーを全部戻すっていう形にしましょう。そうすれば。全部入りますから。

(I 氏)

特定の山はしないで、全部。全部の山のエネルギーを一度、核に戻して(良丸氏: 戻して) そして、世界に分散

(良丸氏)

世界中に分散をしましょうという形にしましょう。細かく言うともうきりがないから、それでOKにしましょう。そうしたら間違いがない。

で、いる場所からでいいです。特定の場所に行かなくていいです。逆に、動かないでほしいです。あのちょっと勘のある人が動くと、かえって迷惑になるんです。いや、笑い話じゃなくて。

要は、そこに、山に行く。そしたら火山にお祈りしに行ったのに、水があるから、水でお祈りしましょうって。火と水だって簡単に考えてやったら、逆にそれを促す羽目になったりするんですね。

だから、何かを繋ぐとか、結ぶって時には、何を結ぶか、何を繋ぐ、どういう働きを繋ぐのかということをきちんと理解してやらないと、逆に動かす可能性があります。

だから、簡単に火と水の調和だとかやられると、逆に変な動きがしたりしますので。ただ、勘がある人は逆に呼ばれるんですよね。呼ばれます。

で、たくさん結んできて意気揚揚喜んで来ます。で、少し経ったら大変な被害が出たりします。それで自分がやったことだって気づかない人もいます。

だから、今回は、特定の場所にわざわざ出向いてやるということはしないで、いる場所からでいいです。

要は、御神事を手伝いたいというとで、けっこうたくさんの人が何処何処行きたいです、何処でお祈りしたらいいですかということを声かけてくる人がいます。

うん、だからそれに関しては今回、じゃあ、あまり移動しないでいる場所から、皆さん統一したお祈りでお願いしましょう。

(I 氏)

どなたにお祈りするんでしょう?どなたに?

(良丸氏)

あなた、本当に難しいっていうか、質問がまたあれですね。どなたに、何ですか?

地球にですよ。(I 氏: 地球のコア、核?) 核だからお母さんですね。お宅もお子さんいるでしょ?お子さんのことでいつも悩んでいるでしょう?お母さんも悩んでいるから、お願いする訳ですよ。(I 氏: 地球のコア、芯に)そうそうそう、お母さんにお願いします。私にお願いしないで下さい。(一同笑い)お願いですから。手を合わすなら高橋潔に手を合して下さい。生き仏として飛びこむかもしれません、火山に。

あ、あの、やはりそこまで説明しないと分からないんですね、やはり。それは地球のお母さんにお願いをするということです。

で、地球のお母さんにお願いをするということは、お母さんだけでは願いは叶いません。お父さんもいますので、必ずと両親にお願いして下さい。

で、お父さん、何処にいるかって質問しないで下さいよ。(一同笑い)ここでお父さんっていうのは何処になると思います?核は内と外に分かれていますから、内核がお母さんということになます。外核がお父さんになります。そこに二核の核が動いて色んな大きな動きになります。それが動くことによって、反時計回りのエネルギーが地球から外に動きますので、それも含めて考えてみて下さい。よろしいですか?

それで地球の中心を外核、内核って言わなくてもいいですから、地球の中心のお父さん、お母さんって言ってもいいです。その方が祈りやすいでかね。それでお祈りをして下さい。

で、それ言うと色んなところからお声がかかる人はかかってきます。本当に九州から北海道まで、何処何処に行きなさいって言われたら行きたくなると思います。・・・を(1:07:08)敢えてこう、地球岬とか行ってもらえませんかという話をしましたが、あえてそれを止めて自分のいる場所からお祈りして下さい。

あの、I さん、かえってありがとうございます。あなたの質問でいい流れが出来ました、よかったです。こういう質問だったら大歓迎なんだけど。

要は、今回、そういう形で本当にお願いします。ただ、先、どっかに力を押し返して、押し戻して、そこにやるということを言った時はちょっとびっくりしました。そういう御神事は実際外国にはで起ったりとか、前回、去年の10月6日に、小笠原に行って母神の方から、母島の方から、もっと南の方で大きな地震の種を受け止めてもらうというお祈りをして、そこでエネルギーを出すという形でやって、10月、11月かな、あの火山の噴火が起きましたが、そういう御神事になると、一つ間違えば本当にハイチみたいに一瞬にして30万とか、大規模な大きな被害が出たりしますので、だから、そういう意味合いでびっくりしましたが、今回はそういう新た、新しい祈り方のやり方としてよかったです。

で、ついでに、時間があるならば・・・あっ、休憩、休憩必要ですよね。休憩入ったら、今は火山の話だったんですが、我慢しているところすみませんね。休憩終わったら、今度は地震プレートとか活断層を願う時に、どうみんなで意識したらいいかを聞いて、みんなの祈り方を一つまとめましょう、よろしいですか。

こころのかけはし祈りの和

http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/