赤色レーザーと緑色レーザーでは正確に

赤色レーザーと緑色レーザーでは正確に日本で売っている普通のレーザーポインターなら大丈夫ですが、出力が50mWを超えるとかなり危険になります。
100mWから確実に物が発火しますし、それ以下であっても正しく出力が出ていれば火傷すると思われます。
(火傷しない場合は、50mWと記載されていても正しく出力が出ていない可能性あり)
また500mWを超えると散乱光=壁や地面に反射した光を見ても目に傷害を負いますので
人体に当てると火傷だけでなく、散乱光で視力低下を起こします。
先ほど日本で普通に売られているものは大丈夫と書きましたが、出回っているものは粗悪品も多く
1mW(一瞬なら目に入っても問題ない出力)を超えている場合がありますし、
人体に当てても大丈夫とはいえ不意に目に入る恐れはあります。

長くなりましたが結論を言うと、普通のレーザーポインター カラスなら人体に当てても問題はないけれど、
不測の事態を考えると人体であれ当ててはならない。
海外から個人輸入した高出力レーザーポインターの場合、人体に当てると火傷する、です。赤色レーザーと緑色レーザーでは正確に求められ
超高出力レーザーポインターでは大きな誤差が出たということでしょうか?

考えられる原因の1つとしては
レーザー波長の違いはそれほど大きくないため
レーザーポインターled出力(パワー)の違いが影響していると考えられます
回折の次数 m が高くなるほど回折光は弱くなるため
高次の回折光を観測するためにはレーザー出力を上げる必要があります
つまり、レーザー出力が高いほどサンプリング数を多くすることができます
このことは精度の向上につながります

以下追記です

実験結果を正しいものとすれば
何らかの原因でレーザーポインター 緑が不安定となり
仕様と異なる波長になっていたと考えることができますが
信頼できるものを使用しているはずなので可能性は低いですね

補足内容から、誤差が他の猫用レーザーポインターを仕様した場合に比べ非常に大きいため
変えてはいけない実験条件が変わってしまったことが考えられます
例としては、回折格子がレーザー光の光軸に対して直交していない状況が考えられます
入射角が与えられた場合、強め合う条件は
d sinφ + d sinθ = mλ
となります.φは入射角であり、回折格子とレーザーポインター 改造の光軸が直交する場合φ= 0 です

その他にも、実験装置の構成や実験状況、実験データとその処理などが関連する
実際に実験をした人でないと気づけない原因があるのではないかと思います
あまり良い回答になっていませんが
何かのヒントになれば良いなと思います

操作性、高級感、携帯性抜群の超強力ブルーレーザーポインター 。洗練なデザイン、保護メガネ搭載、手触りがいい、輝度性が高い、とても豪華です。光の拡散が少ない防水青高出力レーザーポインター採用で娯楽、マッチに点火、天体観測や教育、指示指揮、工事、救済などの現場で威力を発揮!ノックマイナーとバンプに耐えるようにケーシング強く、耐久性から作られた,プレゼンテーション、アマチュア天文家やアウトドア愛好家のための理想的な超高出力レーザーポインター超強出力ブルー10000mw レーザーポインター マットやタバコに簡単に火をつける 青色レーザーポインター

レーザー焦点を調節して、レーザーの安定性が良いので、広さ或いは狭さのレーザー光束を出てきて、操作が便利です。ブルーレーザーポインターの保護蓋を回すと、実現できる。

Comment Stream