【サイキッカー集団ノア緊急集会2013】

2013.02.09(Sat) @ 新宿ロフトプラスワン

祝!
サイキックフォース2012
[NESiCAxLive版]
稼働記念トークライブ開催!!

祝!2012

『サイキックフォース』トークイベント開催決定!

1996年、ゲームセンターに颯爽登場した『サイキックフォース』

その2年後、続編である『サイキックフォース2012』が降臨。

当時の対戦格闘ゲームの常識を覆す斬新なシステムとグラフィック。

2D格ゲーと3D格ゲーがせめぎ合う対戦格闘ゲームシーンに、

第三の可能性を提示した傑作『サイキックフォース』。

一体、その開発思想はどのようなものだったのか!?

何故に、この希有なシステムが生み出されたのか!?

そして当時のプレイヤーはどう受け止めたのか!?

タイトルに冠された「2012」年に、再びNESiCAxLive版として再登場したのは

もはや偶然ではあるまい。

対戦格闘ゲーム界に衝撃を与えた『サイキックフォース』とは一体何だったのか。

当時の対戦格闘ゲームシーンを振り返り、

今だからこそ語れる『サイキックフォース』の開発秘話を交えながら、

『サイキックフォース』を徹底検証するトークライブ。

◆第一部

 対戦格闘ゲーム業界における『サイキックフォース』とは?

 対戦格闘ゲームブーム当時の歴史を振り返り、「サイキックフォース」がどのよ

うな位置づけのゲームなのかを分析。1991年に登場した「ストリートファイターII」

が、後に出てくる対戦格闘ゲームにどのような影響を与えて行ったのか。それによ

る2D格闘の進化、そして3D格闘の登場。システムの多様化と、各メーカーが差別化

の模索とチャレンジの中、1996年に登場した「サイキックフォース」は一体何者な

のか。当時の対戦格闘ブームを掘り起こしながら「サイキックフォース」に迫る!

 <ゲストコメンテーター>

  石井ぜんじ(元ゲーメスト編集長)

  猿渡雅史(元アルカディア編集長)

  他、元開発スタッフの参加も調整中

◆第二部

 『サイキックフォース』の開発に秘められたもの

 初代からDC版の2012まで、当時の開発スタッフをゲストに迎えた制作エピソード。

原案であった「サイキックファイアー」に始まり、「カイザーナックル」の反省

を踏まえたゲーム作り。3D空間をステージとすることによるコマンド入力やコンボ

の考え方、サドンデスなど、枚挙に暇がない独創性の数々。AOUショーでのデビュー

からロケテスト、そして稼働。その後のユーザームーブメントの捉え方、その後

『EX』の制作、『2012』では初のウルフ基板の採用など、様々な秘話が明らかに!

 <ゲストコメンテーター>

  神村武(タイトー 開発プロデューサー)

  石井ぜんじ(元ゲーメスト編集長)

  猿渡雅史(元アルカディア編集長)

  他、元開発スタッフの参加も調整中

◆第三部

 深淵なる『サイキックフォース』の世界観

 対戦ツールが持て囃される時代において、世界観設定にこだわった本作。アニメ

作品に引けを取らない卓越したキャラクターメイキング。当時ではまだ珍しい、

アーケードゲームのドラマCD化やノベライズにまで広がった世界観を、設定面、

サウンド面、そしてボイスアクターなどの切り口から検証。ゲストには、同タイト

ルのサウンドを担当したタイトー石川氏を始め、キャラクターボイスを担当した声

優の方々を迎え、『サイキックフォース』の魅力の語り尽くす!

 <ゲストコメンテーター>

  石川勝久(タイトー サウンドプロデューサー)

  福島央俐音(声優:レジーナ役)

  津久井教生(声優:キース&ゲイツ役)

  木宮茂(アニメ演出家、ドラマCD脚本)

  他、元開発スタッフの参加も調整中

■日時:2013年2月9日(土) 開場 18:30 / 開演 19:30~

■会場:新宿ロフトプラスワン

    (東京都新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB2)

■入場:前売りチケット2,000円/当日チケット2,300円

    (ローソンチケットにて販売)

■問い合わせ:(確認中)

Tackk it up!

Comment Stream